家づくりの流れ(設計・監理業務のプロセス)


問い合せ 
土地の購入から家のリフォームまでどのような事でもお気軽に御連絡下さい。ご依頼の意志に関わらず説明させていただきます。      
事前の相談 
やはり具体的な内容に関しては直接お会いして相談しましよう。顔を合わせて話をしていると色々な事に気づき、相性などを判断する上では非常に重要な機会と思います。
基本プランの提案 
敷地の立地、環境、各法令のチェック等の事前調査をし、条件・要望を取り込んだ基本プランを提案致します。
 
設計監理委託契約 
設計を進めていただく場合、この時点で設計監理委託契約を交わします。
基本設計 
基本プランを基に打合せを重ね、依頼主の要望・ライフスタイル等を再確認しながらまとめていきます。
実施設計 
基本設計を基により詳細な設計図書を作成していきます。施工者はこの設計図書を基に見積りして、工事をします。
許認可申請業務 
建築主の代理人として建築確認申請等の手続きをします。(工程等により基本設計後に行うこともあります)
工事費見積り依頼 
設計図書を基に施工会社数社(2~3社)
に見積りを依頼します。   
施工者選定 
提出された見積書が適正なものか査定し、技術・信頼性を
考慮して施工会社選定の為のアドバイスをします。建築主と施工会社間で交わされる工事請負契約も管理者として立会います。
工事監理 
 
着工後は現場が設計図書に従って工事が行われているかをチェックし、不適格な個所は指導し、手直しを行います。また、現場打合せで仕上の材料・色彩等を検討したり、変更箇所の適切な処置や説明、費用の査定等も行います。
完成・引渡し 
各検査(行政庁、施工会社、設計事務所、建築主)に合格した後、施工会社から建築主への引渡しとなります。
アフターケア 
入居後の不具合については、随時対応していきます。